世界の一番豪華なファーストクラストップ10! 著名マイラーの2019年のチョイス!

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

こちらはラッキーという著名マイラーのサイトで掲載された記事の基に書きました、オリジナルの記事の出展は以下にあります。 ファーストクラスに乗ってみたい方は是非一度目を通して下さい。せっかくに憧れのファーストクラスに乗るチャンスがあれば、一番豪華なファーストになりたいよね?!^_^

 

onemileatatime.com

 

f:id:shinjuku-shirane:20190129201618j:plain

 

① エミレーツの777-300ER

 

エミレーツは2018年初頭に777-300ERの新しいファーストクラスを発表しました。そしてこのファーストクラスはは最高です。エミレーツ航空はファーストクラスで完全に個室タイプのスイートを紹介した最初の航空会社です。スイートにはプライバシーを高めるためのドアがあるだけではなく、床から天井まで密閉されています(エールフランスは床から天井まで届くカーテンを備えていますが、私はそれが個室と違うと考えています)。プライバシーが好きな人として、私はそれが大好きです。

 

スイートは広々としていて、テレビ画面は大きく、ベッドは非常に快適です。スイート内の照明と温度をリモコンで設定できます。Dom Perignonは飲み放題、キャビアを含むあらゆる種類の絶妙なおつまみがあります。唯一の問題は、これらの新しいスイートを持っている飛行機が少ないです。エミレーツ航空は9台の飛行機にファーストクラスにこちらのスイートを持っています。

 

 

② エールフランスの777-300ER

 

エールフランスの777-300ERのファーストクラスキャビンは1 - 2 - 1構成で、一列の座席で構成されています。キャビンはとてもエレガントで、ドア付きのスイートではありませんが、スイートを囲むカーテンがあります。

 

エールフランスが他の航空会社より優れているのは、ファーストクラスのグルメです。料理はどの航空会社よりも最高のもの、サービスは完璧です。寝る時間になると、エールフランスは空の中で最も快適なベッドを持っています。そしてプライバシーのために席の周りにカーテンを引くことができるのが大好きです。 

 

パリのシャルルドゴール空港で世界一のファーストクラスのラウンジを体験できますし、エールフランスは依然として世界で最も充実したファーストクラスのサービスをを提供しています。

 

 

www.mile-no-bj.com

 

 

③ ガルーダ航空の777-300ER

 

ガルーダインドネシアのファーストクラスにはドア付きの8つのスイートがあります。設備は良いですがらそこに他の航空会社のいくつかと比較して顕著ではありません。

 

しかしそれ以外、サービスやグルメなどのすべてが完璧です。ガルーダ・インドネシアがあらゆる航空会社の中で最高の客室乗務員を持っていること、そしてファーストクラスの機内シェフさえいます。料理は最高であり、素晴らしいワインもあり、ファーストクラスの乗客に無料のwifiなどが提供されています。

 

ガルーダインドネシアの客室乗務員の優しさは、比類のないものです。残念ながら、ガルーダのファーストクラスがあるフライトが少ないです。

 

 

④ シンガポール航空のA380

 

シンガポール航空は世界で最も優れた航空会社の1つであることがよく知られており、2017年末にシンガポールとシドニーの間で新しいスイートを開始しました。新しいスイートは本当にすごいです。 A380のアッパーデッキの正面にあるスイートは6つだけで、1-1のレイアウトです。シンガポールは他のどの航空会社よりも広いファーストクラスキャビンを提供しています。各スイートには、座席と独立したベッドの両方があります。

 

シンガポール発するフライトの昼食または夕食のケータリングは素晴らしく、キャビア、サテなどもあります。事前に「料理人を予約」して、通常は利用できない膨大なメニューから注文することもできます。

 

残念ながら、シンガポールのファーストクラスに欠点もあります。座席は動揺し、リクライニングは制限されています。食事する時は他の乗客を直接見ている通路に向かなければなりません。ベッドは他の航空会社よりも大きくない、そしてそれは非常に硬いベッドです。

 

 

www.mile-no-bj.com

 

 

 

⑤ JAL777-300ER

 

日本よりもサービスに誇りを持っている国は他にありません。そして、それは日本航空のファーストクラスを飛行するときにも味わえます。席はそれほど目立つことはありませんが、日本航空は直接通路にアクセスできるファーストクラスの完全にフラットなベッドを持っています。

 

目立つのは優れた食品(キャビア、寿司、和牛など)、クリスタルのシャンパン、無料で速いwifi、マットレスパッドの硬さを選べるし、そして完璧なサービスがあります。グルメとサービスは完璧だと言えます。

 

 

⑥ キャセイパシフィック航空の777-300ER

 

キャセイパシフィックのファーストクラスは、1-1-1のレイアウトで、6席しかありません。席は完全には囲まれていませんが、通路から斜めに窓に傾いていて十分に広いです。

 

キャセイパシフィック航空には、空で最も快適なベッドの1つがあります。ベッドは広く、寝具は豪華です。私はパートナーと対面して食事できることも大好きです。37000フィートで良いキャビアとシャンパンを味わえるのは最高のデートです。また、キャセイパシフィック航空が深夜の出発でもフルミールサービスを提供していることを感謝します。キャセイパシフィック航空の乗組員のサービスも大変素晴らしく、気配りしています。

 

キャセイパシフィック航空の大きな弱点は食事サービスです。キャビアは別として、食事がそれほど素晴らしいとは思いません。料理は約10年間同一であり、そしてメインコースはかなり普通です。

 

 

⑦ エティハド航空のA380

 

エティハドは、A380でファーストクラスのシングルアイル構成を持つ初の航空会社でした。ファーストクラスの「アパート」は、信じられないほど豪華です。エティハドA380のファーストクラス体験は特別です。

 

エティハドには食事をカスタマイズできる為に機内シェフがいます。他は機内シャワーとものすごく広いキャビンが大変魅力的です。昨年のA380ファーストクラスにキャビアと新しいアメニティキットとパジャマが追加されました。

 

スイートは巨大ですが、残念ながら実際にはそれほど実用的に設計されていません。座席がそれほど後ろに傾いているわけではなく、ベッドはそれほど大きくはありません。

 

 

www.mile-no-bj.com

 

 

 

⑧ 大韓航空の747-8

 

大韓航空は本当に優れているファーストクラスを提供しています。お気に入りのファーストクラスのキャビンは、ちょうど6席を持っている747-8です。

 

座席は広々としており、アメニティは素晴らしく、そしてグルメや飲み物も同様にとても良いです。大韓航空を気に入らない唯一のものは、エンターテイメントシステムと無線LANの欠如です。

 

 

⑨ ルフトハンザのA380又は747-8

 

ルフトハンザのファーストクラスがどれほど一貫していてエレガントであるかが大好きです。ルフトハンザは最もプライベートなファーストクラスの席を持っていませんが、キャビンのデザインが優雅です。サービスはあらゆる欧米の航空会社の中で最高です。

 

飛行前のシャンパン、ナッツ、そしてバラのことだけで、ルフトハンザのファーストクラスでは心地いい気分になります。ルフトハンザのファーストクラスのベッドご大変素晴らしく、ファーストクラスの無料のwifiがかなり速いです。

 

 

⑩ スイス航空777-300ER

 

ルフトハンザのファーストクラスとスイスのファーストクラスに大きな差がありません。スイスの777-300ERファーストクラスキャビンは、1-2-1の構成で8席あります。

 

キャビアない時にもありますが、グルメの品質はルフトハンザよりも間違いなく豪華な感じです。スイスのファーストクラスのベッドは豪華で快適なので、スイスでの睡眠は最高です。

 

スイスのファーストクラスで素晴らしいサービスを受けたり、かなり悪いサービスも受けていたりしましたで、評価が難しいです。

 

 

www.mile-no-bj.com