問題! 飛行機内のセクラハラスメントに対処するように訓練されていない乗組員

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

f:id:shinjuku-shirane:20180107220647j:plain

 

昨年末には、連合航空連盟(CWA)(AFA-CWA)が行った調査で、いくつかの驚くべき事実が明らかになった。約2000人の乗組員のアンケート調査によると、5人中1人が乗客飛行機で仕事をしている間の乗客に性的暴行を受けた。

 

圧倒的多数の乗務員は、性的暴力について航空会社の雇用者からの訓練を受けておらず、性暴力の取り扱いに関する書面によるガイドラインを知らないと報告した。

 

「私は、飛行機で暴行された数多くの人々に何度も話したことがあり、乗組員は何をすべきか分からなかった」とアリソン・ダヴァラッツェ氏は語った。同氏は、性的暴力や嫌がらせに対する闘いを始めたのはシアトルからアムステルダムへのデルタ便で20164月に3回にセクハラを受けた時。

 

 

www.mile-no-bj.com

 


 

AFA-CWAの広報担当者、テイラー・ガーランド氏は、乗務員は、空中での性的暴行や嫌がらせの被害者の対処方法について、特別な訓練を受ける必要があると述べた。

 

 「これを経験した人の中には、それを表現する方法がわからない人もいるでしょう。この種の暴行には恥ずかしく感じる為。

 

航空会社や政府機関が、性的暴行や嫌がらせをより正確に追跡する必要がある。