アメリカのフライトでの性的暴行罪で起訴された男性の事件が凄い

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

f:id:shinjuku-shirane:20180107192900p:plain

 

34歳のPrabhu Ramamoorthyは、自分の妻と犠牲者の間に座っていたという。

 

彼女のシャツとズボンを閉めていなくて、目を覚まし、自分のズボンに容疑者の手が入っていた。

 

Ramamoorthy氏は、告発を否定し、警察に丸薬を服用した後に眠っていると言った。

 

一時的なビザで米国に住むインド市民Ramamoorthy氏は、中間席に座っていた。その妻は通路側に、窓の席には犠牲者がいた。

 

この飛行は、スピリット・エアラインで行われ、夜通し、ラスベガスからの水曜日の朝、デトロイトに到着した。

 

 

www.mile-no-bj.com

 


検察側はミシガン州の連邦裁判所に出頭した後、ラマモアージー氏は保釈なしに逮捕された。

 

検察は、ワシントン・ポスト紙に対し、彼は悪化した性的虐待を告発されていると語った。

 

で、ここが凄い! Ramamoorthy氏の妻!!は、女性が夫の膝の上で寝ていたと主張した。

 

彼女はまた、夫婦が女性を他の場所に乗せて乗務員に座席変更を要求したと述べた。

 

しかし!! 搭乗乗組員は、実は犠牲者が座席を変更するように求めていたと捜査官に語った。

 

 

乗務員は犠牲者が乗務員がいたところに来たときに彼女が泣いていたと言って、彼女のシャツとズボンのボタンは外された。その為、乗務員は犠牲者に飛行機の後ろに別の座席をあげた。