入国管理局に移住人のデータを共有したホテルが起訴される

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

ワシントン州検事総長は、連邦移民局職員に宿泊者のデータを共有したため、モーテル6というホテルチェーンを裁判所にかける。

 

f:id:shinjuku-shirane:20180109201216j:plain

 

この訴訟では、モーテルの従業員は、2015625日から2017914日の間に、入国者および税関執行機関(ICE)の役員に9,000人以上の個人情報を喜んで渡したと主張している。

 

 

www.mile-no-bj.com

 


宿泊者のデータには、氏名、生年月日、部屋の情報も含んでいた。悲しい結果として、検察総長によれば、この情報は少なくとも6人の拘留に関連している。

 

データ漏洩の疑いがあるのは、ワシントン州の差別禁止法や消費者保護法に違反しているため、データが入国管理官に引き渡される方法は禁止されている。訴訟では、宿泊者に関する個人情報が引き渡されるたびにモーテル6が法律を破ったと主張している。