ヒルトンのCEOはMarriott Bonvoy制度が導入されたことはヒルトンに良いことだと考えている

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

f:id:shinjuku-shirane:20190215102042j:plain

最近マリオットで多くのトラブルが起こりました。昨年8月、マリオットは1つのロイヤルティプログラムを導入し、それから今月にら新しいプログラムのブランド化を開始しました。

 

残念ながら、この統合はあまりスムーズではありませんでした。マリオットは深刻なIT問題を抱えており、スターウッドプリファードゲストメンバーの不満を買いました。マリオットがスターウッドを買収したとき、買収に関して魅力的だと感じたものの1つは、SPGメンバーの関与の度合いであると述べましたが、その価値の大部分は失われたようです。

 

マリオットの最高経営責任者(CEO)は、メンバーからのこの不満を「細かいことに文句を言ってる」と呼んでいます。

 

今、他のホテルグループがこれらのリワード制度の変化をどのように受け止めたかは興味深いです。ヒルトンのCEOは、昨日の収益発表会期中に、2018年にヒルトンオナーズが1,400万人の新会員を追加し、総会員数は8500万人になったと発表しました。

 

「ヒルトンは競争相手の会社のリワード制度から来たメンバーを獲得ができたため、かなりの利益を得ていると考えております」

 

これは、スターウッド・マリオットの新しいリワード制度に不満を持ったメンバーはヒルトンに移動したということですね。

 

www.mile-no-bj.com

 

もちろん、この1,400万人の新しいヒルトンメンバーはみんな昔にマリオット メンバーだった訳ではありませんが、その人数が少なくはないと思います。日本では、SPGアメックスがまだあり、大変魅力的なカードの存在の影響で日本ではマリオット リワード制度が変更されてもヒルトンに移動した人数さ決して大きくないと考えております。アメリカでは、SPGアメックスの新発行も廃止されましたし、ヒルトンの魅力が上がったでしょう。