飛行は地球にどのくらい悪い!? だが、一人ひとりの簡単な対策もある!

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

全般的に、航空業界は輸送関連の排出量の約11%を占めています。

 

現在では世界中で約2万台の飛行機が使用されており、毎年30億人の乗客が乗っています。 2040年までに、5万台を超える可能性があり、より頻繁に飛行する想定があります。

 

f:id:shinjuku-shirane:20180102172611j:plain

 

当然ながら、カーボンフットプリントを削減する為に最も効果的な方法は、飛行頻度を少なくすることです。みんなはより少ない飛行をした場合、航空会社は多くのジェット燃料を燃やさないだろう。

 

ただし、これじゃ済まない。実は他の方法もあります。

 

 

ノンストップで飛行することも効果的

 

離陸する回数が増えるほど、より多くの燃料を使用する必要があります。実は、NASA2010年の報告書によると、飛行機の排出量の約25%は着陸と離陸の時に出ます。これには、着陸離陸サイクルにおける最大の排出源であるタクシーイングが含まれています。

 

 

www.mile-no-bj.com

 


 

飛行機に乗る場合は、それをオフセットにすることができます。実は。。。

 

カーボンオフセットを購入すると、地球温暖化の二酸化炭素を大気から取り除き、あなたが入れた温室効果ガスと引き換えの為にに支払うことができます。たとえば、大気中の二酸化炭素を吸収する木の植え替えにお金を導入することができます。

 

例えば、デルタ航空、ユナイテッド航空、ジェットブルーなどの一部の航空会社からオフセットを購入することができます。しかし、予約手続きは必ずしも簡単ではありません。一部の航空会社は、個別のサステナビリティページでのみオフセットを提供しています。他の組織を通じてオフセットを購入することもできます。

 

具体的な実例を申し上げますと、7月にニューヨークからサンフランシスコに向かうユナイテッド航空の約0.9メートルトンのカーボンフットプリントを相殺するために、ユナイテッドのオフセットプログラムを運営するサスティナブルトラベルインターナショナルは、2つの選択肢を提供しています:ウインドファームテキサス州では$8.95、又は$10.75をペルーの森林保護プログラムに寄付すること。

 

 

エコノミークラスに乗る

 

世銀の調査によると、ビジネスクラスでの飛行に伴う排出量は、エコノミーでの飛行量の約3倍です。

 

当然、ビジネスクラスとファーストクラスでは席がのサイズが大きくなるため、同量の燃料で移動する人が少なくなります。ファーストクラスの席は、エコノミー席の9倍のカーボンフットプリントになると推定されています。

 

 

乗務員の指示に従う

 

明らかに、あなたの窓のシェードを下げたり上げたりすることに関するいくつかのルールは、排出削減に役立ちます。

 

暖かい目的地に着陸すると、デルタ航空の地球環境保全担当ディレクターのクリスティン・バウチャー(Christine Boucher)は、フライトアテンダントが窓のシェードをシャットダウンするよう求めるかもしれません。

 

理由?それは、航空機がゲートにあるときに冷却するのに使用される燃料の量を減らすとのことです。

 

 

航空会社の燃料を知る

 

商業航空会社は、従来の石油系燃料と様々な量の燃料を混ぜた2011年以降、一部の旅客機はバイオ燃料を使用しています。天然油、海草、農業廃棄物などの資源から得られるバイオ燃料は、航空からの地球温暖化の排出を減らすのに役立ちます。

 

昨年、ユナイテッド航空は、ロサンゼルスのすべてのフライトでバイオ燃料の使用を開始しました。ユナイテッドによると、AltAir Fuels社が製造したバイオ燃料は、通常のジェット燃料に比べて温室効果ガス排出量の少なくとも60%を削減すると推定されている。 (燃料を作るのに使われた排出量と、それを燃やすことによる排出量を削減する)