栄養士: これは最悪の機内食のエアライン

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

ハワイアン航空が米国を拠点とする航空会社の中で最も不健康的なな機内食を提供していることが航空フードの年間レビューで発表されていました。

 

f:id:shinjuku-shirane:20171231232600j:plain

 

ハンターカレッジNYC食糧政策センターのディレクタとDietDetective.comの編集者であるCharles Platkin博士(この研究を発表した)の推計によると、ハワイアン航空の食事は平均971カロリーだという。ハワイアンは栄養情報を公開していないため、ウェブサイトはカロリー計数を見積しました。

 

 

デルタとバージンは、食事だけでなく、栄養学的な情報も提供しているので、研究で最も高い評価を得ました。軽食では、デルタの平均カロリー数は480、バージンアメリカは340であった。エアカナダとジェットブルーが2位、続いてアラスカ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空および他の航空会社が続いた。