世界の飛行機のフライトが最も多い国ランキング

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

年間平均で約36.5百万便、イコール毎日平均10万件以上の航空便が出発している。

 

f:id:shinjuku-shirane:20180106212944p:plain

 

 

しかし、それらの飛行機はどこから飛ぶ?上の地図は、世界銀行が発行した2014年のデータによると、どの国でどんな規模にフライトが発生するかを示している。

 

当然ながら、米国は他のどの国より先にフライトが多くあり、昨年のアメリカの空港から9,553,214便が出発した。二位は中国で3,356,756便。

 

 

www.mile-no-bj.com

 


 

しかし、その差は急速に縮小している。中国の数字は2000年(572,924)のほぼ6倍であり、米国からの出発は2005年の9,969,599便からわずかに減少している。

 

カナダ(1,290,420便)、英国(1,069,420)、ブラジル(937,437)、日本(927,437)、ドイツ(913,156)、ロシア(747,804)、トルコ(723,207)、インド(720,050)。

 

世界で最も急成長を遂げる国は、ブラジル(2004年は10年前に486,025便だった)、インド(2004年は231,413便)、トルコ(121,815便)である。

 

 

www.mile-no-bj.com

 


 

インドネシアは2002年の152,278人から703,721人に上がり、2002年には54,952人から356,793人に増加したUAE19位にランクインしている。

 

世界銀行の統計(ノルウェー、ウルグアイ、スウェーデンなどのデータはない)を特徴とする国の中で、昨年のチャドでは75便で最低位。

 

 

ソース:テレグラフ新聞

 

http://www.telegraph.co.uk/travel/maps-and-graphics/Mapped-The-worlds-most-frequent-fliers/