車を運転か飛行機に乗る: どちらが環境に良いでしょう?

役に立った場合は「いいね!」をお願いします!

シンプルな答えは、比較的燃費の良い車での運転は、飛行するよりも温室効果ガスの排出量が少ないことです。

 

f:id:shinjuku-shirane:20180102174432j:plain

 

東京から大阪の距離のばあは、地球温暖化への影響を評価するにあたり、環境ニュースウェブサイトGrist.orgは、運転は典型的な中規模の温室効果ガス当たり約104キロの二酸化炭素(CO2)商業用ジェット機で飛行している間は乗客1人当たり約184キロのCO2が発生します。

 

 

www.mile-no-bj.com

  

相乗りする

 

相乗りでは一人当たりの温室効果ガスの量が激減。車を共有する4人が総額104キロのCO2を排出し、同じ4人が飛行機に乗った場合は736キロの二酸化炭素が発生します。