読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛行機の中で空席の隣に座れる秘密の方法

飛行機に乗ったら、一つだけ多くの人が思っているのは、隣の席が誰も座らないといいな。空席だと、もうちょっと余裕ができ、より楽な姿勢で座るこれが出来ますので、隣が空いていたら嬉しくおよね?!でも、特に混んでいる飛行機の場合は誰かがその隣席に座る可能性がほぼ100%。ただ、2,3の空いている席はだいたい見かけますね。どうして私の隣席じゃないかなと思いますね。でもそれは本当に偶然?よ〜くみたら、何かパターンがありみたいです。

 

目次

 

隣席が誰も座らないのをどうやって出来る?

 

完璧な方法ではないですが、飛行機が混んでいても、少数の空席は隣の席にする裏技があります!

 

まず、席の取得順番を考えてみましょう。人気と不人気な席がありますよね。人気な席は一番最初に、不人気な席は一番最後に埋まってしまいます。当然ですね。だから、隣の席が誰も座らないで欲しいであれば、隣席は不人気な席ではないと何もなりません。

 

 

飛行機内の不人気な席はどれ?

 

この質問を答えられる為、人気な席はどれだを考えてみてもいい。あなたは席を指定する時にどこの席にしますか?恐らく通路側席か窓席ですよね?実は、3-3-3や3-4-3のジャンボ機の場合は、通路側席は一番人気出そうです。次は窓。後、一番確実は、真中席には誰も座りたくないですね。一番最後に埋まってしまう席は間違いなく真中席タイプです。

 

但し、飛行機が混んでいる場合は真中席にも誰かが座る可能性が非常に高いですね。では、一番不人気な真中席はどこでしょう?

 

 

一番不人気な真中席はどれ?

 

どれだと思いますか?それを想定出来る為、もう一度席取り順番を考えましょう。3-3-3の場合を席番号ABC-DEF-GHIにしましょう。一番早く埋まってしまうのはCとGだと思います。なぜか、多くの人は左か右の列を好みますから。次埋まってしまうのは窓席のAとIと残りの通路側席のDとF。最後には真中席のB, E, Hです。この真中席の中でもっとも不人気な席はEだと思います。なぜなら、左と右の列より、真中列が一番人気が低くて、最後に指定が入ります。

 

一番不人気なのはE席だと分かります。ただ、どこのE席でしょう?ここは想定はちょっと難しくなります。普の場合は、飛行機内の前の席は後ろの席より人気が高いです。飛行機が混んでいそうなら、飛行機内の前にあるE席は恐らく埋まってしまいます。それは、前の席だと、到着したら早く飛行機から降りられるからです。後ろの席は一番最後に降りますし、御飯も一つの種類しか残っていないし、トイレも近いし、一番後ろに座りたい人はあまりいない。

 

というここは、もっとも不人気な席は飛行機内の後ろの方にあるE席です。一番後ろのE席から一番後ろから3,4番目までにあるE席のはずです。

 

 

だからどこの席を指定にすればいい?

 

これは、二人で旅行したら、飛行機内の一番後ろから一番後ろからの3、4番目のDとF席です。両方通路側席ですね。そこの間にあるE席はもっとも不人気な席で、最後の最後に埋まってしまうはずです。もしもの場合飛行機は完全に満席の場合は、Eに座る人に席交換してくれないかを聞いてみればいい。恐らく交換してくれるでしょう。真中だけがいいと思っている人はいないと思います。大丈夫ですよ、きっとその人は通路側席を貰うのは嬉しい。

 

一人で旅行する場合は同じ、飛行機内の後ろにあるDかF席を予約したら良いと思います。

 

関連記事

 

  

 ↓クリックで応援をお願いします^^ ↓

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ