読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の最も危険な11の空港

危険な航空はなんですか? 短い滑走路、高い標高、又は予想できない天気のような物理的および環境的な要因が大きいです。 人口密度の高い地域の近くにある出発路も危険だと思います。 普通は安全な空港ですが、今は紛争地域の中に位置している空港も危険だと言えます。 そして、いくつかの空港は出入りするのはあまりにも恐ろしいものです。 ここでは世界の最も危険な10の空港です。

 

 f:id:shinjuku-shirane:20170306221230j:plain

 

 

 11)ファンチョ・E・ヨラウスクィン飛行場(カリブ海のサバ島)

 

ファンチョ・E・ヨラウスクィン飛行場はカリブ海のセント・マールテンから約28マイル南に位置する美しい遠隔地のサバ島に位置し、全長1300フィート、約4分の1マイルの世界最短の商用空港滑走路を備えています。 島全体は約5マイル四方であり、飛行機が上陸しようとするカリブ海に飛び出した三角形の芝生を除いて、ほぼ垂直な火山地形です。 滑走路は一方の山の斜面と他方の山の斜面に面しています。 滑走路の向こうには、海に落ちる崖があります。 でもねえ、少なくとも天気は良いです。

 

 

10) Narsarsuaq空港(グリーンランド)

 

グリーンランド南部にあるNarsarsuaq空港の天気は南極よりも温暖でもなく、空港の6,000フィート滑走路へのアプローチは世界で最も難しい空港の1つです。それは年の最も平穏な日でさえ、厳しい乱気流と風のせん断を伴うTunulliarfikフィヨルドを飛行を必要がある為です。これだけではなく、グリーンランドの南部にあるEyjafjallajökull火山はさらに恐ろしい存在です。2010年と同じように噴火すると火山灰の雲に含まれている非常に小さなガラス粒子(溶岩からのシリカ)が飛行機のエンジンを破壊する可能性のあります。

 

 

9) プリンセス・ジュリアナ国際空港(シント・マールテン)

 

カリブ海で最も忙しい空港のひとつです。プリンセス・ジュリアナ国際空港に着陸するためにはパイロットはビーチの少しの部分を飛行し、フェンスを越えて道路を渡り、滑走路に着陸しなければなりません。空港の着陸地帯はわずか7,150フィートで短すぎます。大型機は安全な着陸を保証するために少なくとも8,000フィート必要ですが、重い飛行機の中には10,000フィートが必要です。それは中小飛行機のために作られました。しかし、A340や747などのジャンボがここに着きます。

 

 

8) バラ空港(スコットランド)

 

ビーチを愛しているならその愛の強さは定期的な航空便で世界で唯一のビーチ滑走路に上陸することによってテストされるかもしれません。 Barra AirportはスコットランドのOuter HebridesにあるBarra島のTraighMhòrの浅い湾にあります。滑走路の標高は海面から5フィート上です。満潮時にはBarraの3つの滑走路が水中にありますので、1日の特定の時間帯にのみここに着陸することができます。 Barraを行き来する夜間の飛行は滑走路とビーチに横たわった反射縞を照らすために車両ライトを使用します。ブリティッシュ・エアウェイズは軽量で固定されたBritten Norman Islandersを運営しています。

 

 

7) 啓徳空港(香港)

 

世界で最も恐ろしい陸着と離陸の空港の一つです。強い横風と周囲の山々はここに着陸するのが大変難しいことです。1998年に地球上で最も危険な空港は閉鎖されました。以前はキャセイパシフィック航空の拠点でもありました。飛行機のパイロットは着陸や離陸の際には大変注意を払わなければなりませんでした。

 

 

6) パロ空港(ブタン)

 

ブータンのパロ空港に着陸できる資格を持っているパイロットはわずか25人だけです。ヒマラヤ山脈に位置するパロ空港は海抜7,300フィートにあり、18,000フィートの高い山に囲まれており、パロ・チュ川のほとりにあります。地形は非常に厳しく、気象は非常に厳しいため、飛行は視覚的気象条件の下でのみ許可され、昼間に制限されます。

 

 

5) マデイラ空港(ポルトガル)

 

このポルトガル諸島でマデイラ空港に飛ぶ前に、マデイラワイン一杯欲しいかもしれません。岩場の断崖と海への急降下の間に挟まれた空港の短い滑走路はその変動風で知られていました。 2000年には滑走路が拡張され、ほぼ倍増して9124フィートになりました。ただ、この追加滑走路は海岸を部分的に横切って180列(各高さ約230フィート)のプラットフォームに建てられていることを分かりましたら、ここに旅する気分が良くならないかもしれません。雨が降って風が強く、飛行機が横切る恐れあります。

 

 

4) マクマード基地(アメリカ合衆国の南極)

 

マニアでない限り、南極のマクマード空港に飛ぶのが好きではないかもしれません。良いニュースは滑走路が長いことです。悪いニュースはそれらが氷で出来ていることと天候は非常に変わりやすいです。McMurdo Soundの海岸沿いに位置する米国南極ステーションは平均気温が12ヶ月を下回り、3つの滑走路があります。ペガサスフィールドは1970年10月の悪天候でここに墜落したペガサスというロッキードC-121コンステレーション輸送便の名前を冠し、1万フィートの青い氷の滑走路です。夏にずっと暗いから、マクマードに行ったらパイロットは暗視ゴーグルを使用して着陸します。

 

 

3) Gibraltar国際空港

 

ジブラルタルは歴史の岐路です。そのテーマは空港にもばれ、2014年に415,000人以上の乗客が飛行しました。ジブラルタルの唯一の5500フィート滑走路を使用している飛行機は正確にはウィンストンチャーチル通りを横切る必要があります 。これはスペインとの国境に向かう主要道路です。 ウィンストン・チャーチル通りは滑走路を横切っており、飛行機が着陸するたびに閉鎖されなければならない。 Winston Churchill Aveの交差点にある停止信号は間違いなく無視したくないものです。

 

 

2) トンコンティン国際空港(ホンジュラス)

 

山の景色を近くから見るのが好きであれば、ホンジュラスのテグシガルパにあるトンコンティン国際空港を出入りする際の不気味さを感じる時に役立つかもしれません。 航空機は内陸の高地の山々の周りをスカートして、標高3,294フィートの谷に着陸する必要があります。 アプローチ上、ボーイング757ほどの大きな飛行機は平均降下率がはるかに上回る7000フィートの滑走路に効率的に到達出来るために45度ターンを行います。 風によっては飛行機が地形上のジグザグ軌道に乗っている間にパイロットが補う必要があります。 出発は近くのピークをクリアするために高い上昇率が必要です。

 

 

1) Courchevel国際空港(フランス)

 

クールシュヴェル空港は525メートルの最短滑走路を持つことが知られています。滑走路に18.5%の勾配があることに加えて、テイクオフと着陸に日々影響する側面。世界で最も危険な空港着陸。ここでは着陸前にアルプス山の上を飛行する必要があります。それだけではなく、更に飛行機は傾斜をつけて減速する必要があります。怖いな!

 

 

関連記事

 

  

 ↓クリックで応援をお願いします^^ ↓

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ